ECO-POWER 費用対効果

購入のポイントについて。

各種イベントや屋台それに工事現場にと、
蓄電型電源の需要が増えています。

 

蓄電型電源の中でも非常に優れていると評判のECO-POWER。
でも購入するときに、もっとも気になる点は値段だと重います。

 

その価格は198万円。結構、いや・・かなり高価です。
では、それほど高い商品を購入するメリットは何でしょうか。
今回は購入のメリット・ポイントをまとめてみました。

 

超大容量

ECO-POWERの蓄電量はなんと業界最大級の6400Wh!
ちょっとやそっとでは無くなりません。一日がかりの電源確保も安心です。
途中で電源がなくなったらどうしよう・・・。
そんなやきもきした気持ちになることは二度と有りません。
しかも高い品質から、しばらく放っておいても自然放電率は3%(/月)ほどです。
一度充電しておけば、使いたいときに再充電を気にせずに持ち出せます。

実は経済的

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーなので、充電回数5000回以上!
電池寿命はなんと10年以上です。
通常の移動式電源だと数年でへたれてしまうので、相当長持ち!
しかも一度の満タン充電にかかる費用はたったの189円!
数字の間違いじゃないかと何回も確認しましたが間違いじゃありませんでした。
ガソリン式発電機の場合は1時間で1リットル以上は使ってしまうことが多いので、
比べるまでもなくかなり安くすみます。費用対効果バッチリですね。

とても安全

ここ最近、ガソリン式発電機の事故が多発しています。
その点、ECO-POWERならリン酸鉄リチウムイオンバッテリーなので
発熱がほとんどなく高い安全性を誇ります。可燃性ガスの発生もありません。
発火による大事な資産の紛失は、何事にも代えられないくらいの損失です。
事前に事故を防ぐための電源の確保は金額以上の価値があります。

 

以上、ポイントをまとめてみました。
結果的に非常に費用対効果が高いことがわかりました。
高い商品ではありますが、継続して使用するのであれば決して高過ぎることはないでしょう。

 

     

 

費用対効果といえばこちらも!